スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


裸眼

久しぶりにコンタクトをいれずに外出しました。
まぁ、要するに眼鏡ってことなんだけど(笑

昔から目が悪くて、視力矯正なしで視界がクリアだった頃なんてもう覚えてない。
ずーっと、レンズを通してモノを見てきたんだよなって、なんとなく思って。
あ、水泳中は外すけどね。水って屈折率違うから、あんまり「見えない」気がしないんだ。
…タイムを見るのはちょっと不自由したけど(笑




…って、別になにがあったわけじゃないんだけど。
帰り道、ふと空を見上げたら月が綺麗で。
眼鏡のレンズの外で滲んだ月の光が、なんだか気に入ってしまって。
面白がって、眼鏡を外してみました。

明るいところと暗いところだったら、やっぱり暗いところの方が見えにくい。
でも、いつも歩く道がクリアに見えないと、なんだか全く違った道のようで面白かったです。
滲んで暗い視界って、なんだか別世界みたいvvなんて暢気なこと思ったり。
「見えない」のに「見えてる」んだな、と改めて気づいたり。
目じゃないどこかで補正が入ってる、って気がついたときの感覚は面白かったなぁ(笑

目が悪いと、全てが滲むんだけど、
夜だとなんでもないマンションの灯りでも、ちょっとした夜景みたいで綺麗でした。
ピントがずれた感じで見えるの、なんでもない自分の目で(笑
あと、通り過ぎるバイクとかの灯りが、近くに来るほどクリアになる過程とか
なんだか普段あんまり気にしてないことが思ったよりも面白くて。
夜のお散歩、新境地開拓な気分(笑

まぁ暢気なことしてるなーって自覚はありますが、
目が悪いことも悪いばかりじゃない、と思えて良かったわ(笑
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日常 | Thema : つぶやき | Genre : 日記


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Seacret place All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。